日テレNEWS
社会
2018年1月19日 19:08

小笠原諸島で“ぺったんこ”な新種カニ発見

小笠原諸島で“ぺったんこ”な新種カニ発見
(c)NNN

小笠原諸島の聟島列島で新種のカニが発見された。“ぺったんこ”なのが特徴。

この新種のカニは、甲羅がぺったんこに広がったような形をしている。東京都によると、2016年に小笠原諸島の聟島列島で行った調査で見つかったということで、お茶の水女子大学などの研究チームにより新種と断定された。

新種のカニは、ゴカイ類と共生する「コユビピンノ科」に属する種類で、甲羅は押しつぶされたように横幅が7ミリほどしかないため、「ペタンココユビピンノ」と名付けられた。

東京都は、世界自然遺産に登録された小笠原諸島では今後も新たな発見が期待でき、生態系を保全していくためにも地道な調査を続けていきたいとしている。