日テレNEWS
社会
2018年1月23日 11:35

草津白根山で噴煙観測、噴火した可能性も

草津白根山で噴煙観測、噴火した可能性も
(c)NNN

群馬県と長野県の県境にある活火山、草津白根山で23日午前10時頃、噴煙が上がったのが観測され、気象庁は噴火した可能性もあるとみて確認を進めている。

気象庁によると、群馬県と長野県の県境にある活火山、草津白根山の鏡池付近で23日午前10時頃、噴煙が観測された。また、午前9時59分頃から数分間、地下の熱水などの移動を示す火山性微動が観測され、気象庁は噴火した可能性もあるとみて確認を進めている。

気象庁は噴火警戒レベルを1から2に引き上げ、火口から約1キロの範囲で噴石などへの警戒を呼びかけている。