日テレNEWS
社会
2018年2月12日 14:16

江戸時代からの風習「雛のつるし飾り」展示

江戸時代からの風習「雛のつるし飾り」展示
(c)NNN

静岡県牧之原市で、雛(ひな)のつるし飾りを集めた展示会が開かれている。

雛のつるし飾りは、桃の節句の雛段の両側に、はぎれで作った人形をつるす江戸時代から続く風習で、子どもの成長を願う郷土の文化として今に息づいている。

国の重要文化財に指定されている大鐘家では、300年の歴史を感じさせる空間に、近隣の愛好家らが出展した色鮮やかなつるし飾り100点ほどが展示されている。

この「つるし飾り展」は、5月中旬まで開催されている。