日テレNEWS
社会
2018年3月10日 17:40

首都高速・晴海線の新区間 きょう開通

首都高速・晴海線の新区間 きょう開通
(c)NNN

2020年東京オリンピック・パラリンピックの選手らを運ぶルートとしての活用も見込まれる、首都高速道路・晴海線の新たな区間が10日、開通した。

開通したのは、首都高・晴海線の豊洲から先、新設された「晴海出入口」までの約1.2キロの区間で、近くには2020年東京大会の選手村ができる予定。

晴海線は、築地市場の移転延期に伴う環状2号線建設の遅れもあり、選手村と競技場を結ぶルートとしての活用も見込まれている。