日テレNEWS
社会
2018年3月25日 21:00

藤井聡太六段、詰将棋の大会で優勝 4連覇

藤井聡太六段、詰将棋の大会で優勝 4連覇
(c)NNN

最年少プロ棋士・藤井聡太六段が詰将棋の大会で優勝し、4連覇を達成した。

大会開始の約1時間前に会場に姿を現した藤井六段。この大会は詰将棋を解く速さと正確さを競うもので、全国から強豪のアマチュア棋士やプロ棋士など105人が参加した。

藤井六段は、小学6年生のときに初めて優勝を果たしてから、これまでに3連覇している。藤井六段は誰よりも早く問題を解き終え、全国唯一の全問正解で、史上初の4連覇を達成した。

藤井六段「今年はまったく自信がなかったので、このような結果になって、とてもほっとしています」「(来年も参加して)またいい作品と出会えたらなと思う」