日テレNEWS
社会
2018年3月31日 17:19

玄海原発 蒸気漏れの原因は?あす調査へ

玄海原発 蒸気漏れの原因は?あす調査へ
(c)NNN

佐賀県の玄海原発3号機で30日夜、微量の蒸気漏れが確認され、九州電力は31日朝から発電を停止し、原因を調査するための準備を進めている。放射性物質の漏れはないという。

九州電力によると、30日午後7時ごろ、佐賀県の玄海原発3号機で、発電タービンを回すための配管から微量の蒸気が漏れているのが確認された。配管は格納容器の外にあり、蒸気に放射性物質は含まれておらず、環境への影響はないという。

九州電力は31日午前6時すぎに発電を停止し、4月1日に原因を特定するための調査を行う予定。玄海原発3号機は今月23日に再稼働し、その後、出力を上げ、30日は75%に達していた。

九州電力は玄海原発4号機についても5月の再稼働を目指していたが、今回のトラブルで遅れる見通し。