日テレNEWS
社会
2018年4月24日 19:02

プール事故実態調査 6割が訓練実施せず

プール事故実態調査 6割が訓練実施せず
(c)NNN

プールで溺れた場合など、緊急時の訓練を6割の施設が行っていなかった。

幼稚園や保育所で起きたプールや水遊び中の事故が2016年までの3年間で、37件にのぼることが消費者安全調査委員会の調べで分かった。

園児が溺れた場合など、緊急時の訓練を行っていない園が6割にのぼっていることも明らかになった。

委員会は、水の外から監視に専念する職員が配置できない場合は、プールを中止することが必要だと指摘している。