日テレNEWS
社会
2018年5月1日 18:36

豊洲市場「観光施設」小池都知事が直談判

豊洲市場「観光施設」小池都知事が直談判
(c)NNN

10月にオープンする東京都の豊洲市場に、併設予定の観光施設が建設されていない問題で、1日、小池都知事が急きょ、施設の運営会社を訪れ、直談判を行った。

豊洲市場に併設される予定の「千客万来施設」を展開する「万葉倶楽部」は、小池知事が打ち出した築地市場の跡地を「食のテーマパーク」として再開発する構想への懸念から、着工を先送りしている。

東京都は1日、副知事が神奈川県小田原市にある万葉倶楽部を訪れ、説明・交渉を行う予定だったが、急きょ、小池知事自らが参加した。

小池都知事「きょう仏壇に手を合わせましたところ、亡くなった父が、直接行って話してこいと言っているように思えましたので、会長ご本人に正確な説明を直接お伝えするということで、私自身が参らせていただきました」

万葉倶楽部側は、公募した当初の方針と異なるとして、小池知事の謝罪を求めていたが、知事から明確な謝罪の言葉はなかったという。

また、万葉倶楽部側は東京都に対し、公募した当初の、3年前の工事価格で建設できる業者を紹介することや、テナントが埋まるように都が責任を持つことを要求したという。

これを受けて東京都は緊急で関係局長会議を開くなど、対応を検討している。