日テレNEWS
社会
2018年5月28日 14:32

皇后さま 蚕の「繭」収穫作業…譲る蔟編み

皇后さま 蚕の「繭」収穫作業…譲る蔟編み
(c)NNN

最後の養蚕に取り組まれている皇后さまは、蚕の「繭」を収穫する作業を行われた。

皇后さまは28日、皇居内の紅葉山御養蚕所で「初繭掻き」をされた。これは明治から歴代の皇后が行ってきた「養蚕」の一環の作業で、皇后さまは、自らわらを編んで作った「蔟(まぶし)」の中にできた繭を、丁寧に取り出されていった。

養蚕は、来年以降、皇太子妃雅子さまに引き継がれるが、皇后さまは、現在編んでいる「蔟」について、「何とかお譲りするまでに編み上げておかないと」と養蚕の担当者に話されていた。

皇后さまは、繭のまわりの不要な糸くずを、機械を使って取り除き、感慨深い表情で繭を見つめた後、「良い繭がとれて、おかげさまでした。どうもありがとう」と述べ、笑顔を見せられた。