日テレNEWS
社会
2022年7月3日 15:10

「父を助けられなかった無念さは、いまも心に」熊本豪雨から明日で2年 人吉市で犠牲者追悼式

「父を助けられなかった無念さは、いまも心に」熊本豪雨から明日で2年 人吉市で犠牲者追悼式

死者・行方不明者69人など大きな被害があった熊本豪雨から4日で2年です。熊本県人吉市では3日、犠牲者追悼式が開かれました。

2020年の熊本豪雨では、熊本県南部の球磨川が氾濫するなどして、関連死を含めて67人が死亡、2人が今も行方不明になっていて、このうち人吉市では21人が亡くなっています。

遺族代表・永尾禎規さん「父を私が助けなければならなかったのに、助けられなかった無念さは、今も心に残ります」

式典に出席した熊本県の蒲島郁夫知事は、「『誰1人取り残さない』という決意で被災地の創造的復興と被災者の住まいの再建、心の復興に全力で取り組んでいきます」と霊前に誓いました。

被災地では、発災から2年となる4日も各地で追悼の行事が開かれ、鎮魂の祈りに包まれます。