日テレNEWS
社会
2018年8月6日 0:49

温泉旅館で火事 宿泊客ら300人超が避難

温泉旅館で火事 宿泊客ら300人超が避難
(c)NNN

5日夜、和歌山・那智勝浦町の温泉旅館で火事があり、宿泊客ら300人以上が避難する騒ぎになった。いったん収まったかに見えた火災が再び激しく炎上しており、消火活動が続いている。

火事が起きたのは、和歌山・那智勝浦町の温泉旅館「越之湯」で、午後7時ごろ、男性従業員が「2階の女子トイレから煙が出ている」と消防に通報した。

消火作業で火の勢いはいったん収まったかに見えたが、再び激しく炎を上げ、館内にいた324人の利用客ら全員が避難した。

火は旅館の建物全体に燃え広がっていて、現在も消火活動が続いている。

現場は「湯快リゾート」の名称で知られる人気の温泉旅館で、今月1日にリニューアルしたばかりだった。