日テレNEWS
社会
2018年9月29日 17:37

大型で非常に強い台風24号 今後の進路は

大型で非常に強い台風24号 今後の進路は
(c)NNN

大型で非常に強い台風24号が沖縄に最接近している。30日には勢力を保ったまま本州に上陸し、気象庁では「特に紀伊半島から東日本太平洋側を中心に、記録的な暴風が吹く恐れがある」として、厳重な警戒を呼びかけている。

台風の今後の予想。台風は29日午後5時すぎ現在、沖縄本島に最も近づいていて、沖縄や奄美は暴風域に入っている。30日は、勢力を保ったまま、速度を速めて西日本にかなり接近または上陸し、10月1日にかけては、さらに速度を上げて東日本から北日本を縦断しそうだ。

30日にかけて予想される最大瞬間風速は、沖縄・奄美・九州南部・四国・近畿で65メートル、東海で60メートル、九州北部・関東甲信で50メートル、北陸で45メートル、中国・東北で35メートルなど、各地で暴風が吹きそうだ。

また、30日夕方までの予想雨量は多い所で、九州南部や北部で500ミリ、奄美・四国・近畿・東海で400ミリ、沖縄・中国で200ミリ、関東甲信・北陸で150ミリなどとなっている。さらに、10月1日夕方にかけて、東海で300ミリ~500ミリ、近畿や関東甲信・北陸で200ミリ~300ミリ、中国・東北で100~200ミリ、北海道で100~150ミリ、四国で50~100ミリの雨が予想されている。

暴風や土砂災害、高波、高潮などに厳重な警戒が必要。