日テレNEWS
社会
2018年11月14日 18:20

新札幌駅の信号機倒壊 部品はずれていた

今月9日、JR北海道の新札幌駅で信号機が倒れて線路をふさいだ重大インシデントについて、国の運輸安全委員会は、信号機を地面に固定していた部分で、本来打ち付けられているべき2種類の金属部品がはずれていたのが見つかったと発表した。

信号機を高架橋のコンクリートに固定する際は、ボルトを受けるアンカーという部品は、くさびに打ち込むことで、より強力に固定できるということだが、倒れていた信号機の台座では、8本すべてでアンカーがくさびから抜けていたという。