日テレNEWS
社会
2018年12月10日 22:18

全国13区間 チェーン装着車のみ通行へ

大雪で大規模な車の立ち往生が発生したことを踏まえ、国土交通省は、全国13の区間で、大雪が降った際にチェーンを装着していない車を通行できないようにする方針を発表した。

規制の対象となるのは、今年2月に記録的な大雪が降り、最大でおよそ1500台の立ち往生が発生した国道8号の福井県内の区間や、上信越自動車道の新潟県と長野県にまたがる区間など高速道路や国道13か所。

規制は、気象庁が特別警報や緊急発表を出すような大雪の際に実施され、集中的な除雪を行った後などに、チェーンを装着した車両のみ通行できるようにする。

大規模な立ち往生が発生するのを防ぐことや、除雪を効果的に行って通行止めの期間をより短くすることが狙いで、違反した場合は罰則が科される可能性もあるという。