日テレNEWS
社会
2018年12月18日 18:42

入試差別なくす指導を…医学部生が署名提出

医学部の不正入試問題で、現役の医学部生が公正な入試などを求め、署名を提出した。

現役の医学部の学生2人が文部科学省に提出したのは、大学が入試で差別をしないよう指導することなどを求める約1万4900人分の署名。また、不正で不合格になった受験生の救済によって来年の募集定員が減ることは「受験生が新たに犠牲になる」として、臨時に定員を増やすことなども要望した。

学生らは今後も署名活動を続けるとしている。