日テレNEWS
社会
2019年1月18日 10:21

去年の自殺者37年ぶりに2万1千人下回る

去年の自殺者37年ぶりに2万1千人下回る
(c)NNN

去年、自殺した人は2万598人で、37年ぶりに2万1000人を下回った。

厚生労働省のまとめによると、去年の自殺者数は前の年から723人減って2万598人で、9年連続で減少している。2万1000人を下回ったのは、1981年以来37年ぶり。男女別で見ると、男性は女性の約2.2倍となっている。

また、都道府県別に見ると自殺者が一番減ったのは神奈川県で、前の年より157人減って1119人。一番増えたのは東京都で、前の年より103人増え2248人だった。

厚労省は、自殺者が減少傾向にある理由について、景気の状況に加えて、自治体やNPO法人がLINEなどのSNSで相談に応じるといった対策の効果もあったと分析している。