日テレNEWS
社会
2019年3月15日 14:06

エレベーターが小田急線?乗ってびっくり!

エレベーターが小田急線?乗ってびっくり!
(c)NNN

先月、都内にオープンした家電量販店のエレベーターのデザインが「電車の車両」みたいだとネット上で話題になっている。外見だけでなく、内部まで再現したクオリティ-、そのこだわりに迫る。

電車のように見えるが、これはエレベーターだ。人々が向かう先は、ビックカメラ町田店。小田急線の車両を忠実に再現し細部まで本物同然だ。

床の表示にもこだわっていて、まるで小田急線のホームにいるようだ。外装だけでなく、エレベーターの中も小田急線。車両の奥行きまで感じられて電車で移動している錯覚におちいる。

小田急線町田駅の改札を出て数秒で出現するリアルな“小田急線エレベーター”。通行人からは「初めて見たんで感想も何も驚いてます」「小学5年の息子がいて電車が好きだから面白がって喜んでます。本物みたいで間違って入りそう」という声が聞かれた。

思わず写真を撮る人もいる。町田店のオープンを記念し、地域に根ざした小田急電鉄とのコラボで生まれたこの企画。車両番号はオープン日にした。都市部に店舗を構えているイメージが強いビックカメラだが、近年は郊外への出店にも力を入れている。

ビックカメラ町田店・店長代理の荒木匠さん「近隣在住の方の来店が非常に多い。今後も体験・体感というところに力を入れて、客に楽しんでもらえるような店作りをやっていきたい」

“小田急線エレベーター”は期間限定のラッピングだ(終了時期は未定)。

【the SOCIAL viewより】