日テレNEWS
社会
2019年8月9日 15:47

津田大介氏招いたシンポ、中止検討 神戸市

津田大介氏招いたシンポ、中止検討 神戸市
(c)NNN

愛知県の芸術祭で、慰安婦問題を象徴する少女像などの展示が中止されたことに絡み、神戸市は、芸術祭の監督・津田大介氏を招いたシンポジウムの中止を検討していることがわかった。

愛知県で開催中の芸術祭「あいちトリエンナーレ」では、慰安婦問題を象徴する少女像の展示などに対し、抗議の電話やメールが殺到し、企画展が中止となった。

神戸市などは今月18日、トリエンナーレの芸術監督・津田大介氏を招いて、シンポジウムの開催を予定していたが、7日夜から、市や実行委員会事務局に、抗議や問い合わせの電話などが約100件、寄せられているという。

抗議は、津田氏の招待に反対するものが多く、事務局などは「本来の目的が果たせない」として、シンポジウムの中止を検討しているという。