日テレNEWS
社会
2019年9月7日 18:09

日本大学アメフト部 2年ぶりの公式戦

日本大学アメフト部 2年ぶりの公式戦
(c)NNN

去年5月に起きた悪質タックル問題で出場停止処分を受けた日本大学アメリカンフットボール部が、7日、2年ぶりの公式戦復帰を果たした。

日大アメフト部・贄田時矢主将(4年)「内容完璧であいつらぶっ倒して!さっさと日本一いくぞ!絶対勝つぞ!」

日大アメフト部は7日午後、2年ぶりとなる公式戦復帰を果たし、青山学院大学との開幕戦に臨んでいる。

日大は悪質タックル問題の影響で、今シーズン、事実上の2部リーグからの出直しとなったが、試合開始直後から攻撃陣が得点を重ねるなど、2017年の大学王者の貫禄をみせた。

今年2月に傷害の疑いで書類送検された宮川泰介選手は、大学の方針で、刑事処分の結果が出るまでは試合への出場が見送られるという。