×

元交際相手の女子大学生殺害 男が初公判で起訴内容認める

2024年6月10日 12:35
元交際相手の女子大学生殺害 男が初公判で起訴内容認める

去年6月、横浜市のマンションで元交際相手の女子大学生を殺害した罪などに問われている23歳の男の初公判が開かれ、男は起訴内容を認めました。

伊藤龍稀被告は、去年6月、横浜市鶴見区のマンションで、元交際相手で大学1年だった冨永紗菜さんを刃物で刺し、殺害した罪などに問われています。

10日の初公判で伊藤被告は、裁判長から起訴内容について間違いがないか問われると「ないです」と答え、起訴内容を認め、涙を流しながら席に戻ると、終始からだを震わせていました。

検察側は冒頭陳述で、冨永さんが伊藤被告から暴力を受け、去年6月に別れを決意したあと、伊藤被告が「繰り返し復縁を迫ったが断られたため殺害した」と指摘。

さらに、検察側は伊藤被告が事件当日の朝、車内で「必ず殺さないと、未遂で終わったら被害者がハッピーで終わるだけ」などと言う様子がドライブレコーダーに記録されていたと明らかにしています。