日テレNEWS
社会
2019年10月31日 15:40

今後の対策に…「警戒区域外」土砂崩れ視察

今後の対策に…「警戒区域外」土砂崩れ視察
(c)NNN

25日の大雨で男女あわせて4人が亡くなった千葉県内の土砂崩れ現場を国土交通省の土砂災害専門の職員らが視察した。

国交省の土砂災害専門家らは31日、女性2人が亡くなった千葉市緑区誉田町など土砂崩れ現場3か所を訪れ、実際に斜面に登って調査を行った。

このうち緑区の土砂崩れ現場は千葉県が地形図を基に調べた結果、危険性はないと判断したため「土砂災害警戒区域」に指定されておらず、当時、避難勧告も出されていなかった。

今回の調査は土砂崩れ発生のメカニズムの解明などが目的で、県などは調査結果を今後の対策に役立てていきたいとしている。