日テレNEWS
社会
2019年12月1日 19:15

台風で被害のJR八戸線、全線で運転再開

台風で被害のJR八戸線、全線で運転再開
(c)NNN

台風19号による被害で一部の区間で運休が続いていたJR八戸線が、1日、約1か月半ぶりに全線で運転を再開した。

運転が再開されたのは、岩手県の久慈駅から青森県の階上駅までの37.4キロ。この区間は、10月の台風19号で線路の盛り土が流出するなど23か所で被害を受け運休が続いていたが、1日の始発から運転が再開された。

利用客「開通まで長かったが、乗れてよかった」「地元の人にとっては、なくてはならない存在」

乗客は、心待ちにしていた地域の足の復活を喜んでいた。