日テレNEWS
社会
2019年12月21日 1:53

障害者虐待に関する相談や通報、過去最多

昨年度の障害者への虐待に関する相談や通報件数は、過去最も多かったことがわかった。

厚生労働省によると、昨年度に、両親や兄弟などの養護者、施設の職員や雇い主による障害者への虐待に関する相談・通報件数は、8577件で、過去最多だった。

養護者からの虐待に関する通報は、警察からが最も多く、毎年増加しているという。

また、虐待と判断された件数も過去最多で2745件だった。

一方、虐待を受けた障害者の数は3303人で、このうち2人は、施設の職員からの虐待で死亡した。

死亡した一人は、東京都内のショートステイで、手足をひもで結ばれ寝かされていたところ、亡くなったという。

厚労省は、小さな事案でも隠さずに通報するよう呼びかけている。