日テレNEWS
社会
2020年2月15日 18:26

死亡した80代女性、発症前に娘と食事

死亡した80代女性、発症前に娘と食事
(c)NNN

新型コロナウイルスに感染後、死亡した神奈川県内の80代の女性が、症状が出る前に、陽性が判明したタクシー運転手の妻にあたる娘と、神奈川県内で会っていたことが分かった。厚労省と神奈川県は、感染ルートの解明につながる可能性があるとみて調べている。

死亡した80代の女性の娘は、都内で新型コロナウイルスの感染が確認されたタクシー運転手の妻で、関係者によると、女性は先月21日に神奈川県内で娘と会い、食事をとっていたという。

女性はその翌日に倦怠感が出て、今月1日に肺炎と診断され入院したが、13日に死亡した。死亡後に、新型コロナウイルスに感染していたことが分かった。

厚労省と神奈川県は、死亡した80代の女性と、娘の夫のタクシー運転手がいずれも感染していることから、感染ルートの解明につながる可能性があるとみて調べている。