日テレNEWS
社会
2020年2月18日 19:01

台風15号と19号に“名前”43年ぶり

台風15号と19号に“名前”43年ぶり
(c)NNN

去年、甚大な被害をもたらした2つの台風に、名前がつけられることになった。

関係者によると、気象庁は、去年、千葉県などに甚大な暴風被害をもたらした台風15号を「令和元年 房総半島台風」、関東甲信や東北で河川の氾濫が相次いだ台風19号を「令和元年 東日本台風」と名前をつける方針を固めたという。

気象庁が台風に名前を付けるのは、43年ぶりのこと。