日テレNEWS
社会
2020年2月20日 0:13

クルーズ船の感染対策は「適切」専門家会合

クルーズ船の感染対策は「適切」専門家会合
(c)NNN

「新型コロナウイルス」に関する国の感染症対策の専門家を集めた会合が開かれ、クルーズ船「ダイヤモンドプリンセス」の船内の感染対策は「適切だった」との評価が示された。

会議ではクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセンス」の感染対策について検証が行われ、座長を務める国立感染症研究所の脇田所長は、「今月5日からの隔離の後は症状がある人が明らかに減って隔離は有効に行われた」と評価した。その上で、国の専門家会議は船内の感染対策は「適切だった」との評価を示したという。

また、会議では感染拡大の防止対策として大規模な集会を開催すべきか意見が交わされたが、加藤厚労相は自粛が必要かなどの考え方を20日、公表すると述べた。