日テレNEWS
社会
2020年2月29日 17:24

北海道4人の感染確認 街は静かな週末に

北海道4人の感染確認 街は静かな週末に
(c)NNN

北海道では29日、新たに新型コロナウイルスの感染者が4人確認され、これまでの感染者は70人となった。感染拡大を防ぐため緊急事態宣言が出された道内は商業施設などの人出も少なく、街は静かな週末となっている。

北海道では29日、新たに札幌市で3人、苫小牧市で1人、あわせて4人の新型コロナウイルスの感染が確認された。道内で確認された感染者は、これで70人となった。

道内では28日に知事が発表した緊急事態宣言を受けて、札幌市の中心部でも、週末にもかかわらず人がまばらな状態に―。

札幌市民「(人が少なくて)さみしい感じがあるけど、仕方ないかなって」「パートで働いているけど、『帰ってください』と言われた。店も暇だと思うし」

ファミリーレストランなどを展開する「すかいらーくホールディングス」は、北海道内のほとんどの店舗を3月1日まで臨時休業としている。

また、観光地の小樽市でも博物館を来月19日まで臨時休館とするなど、道内の各施設は対応に追われている。名物のペンギンの散歩で、いつもはにぎわう旭山動物園もお客さんが少なく、平日と変わらない様子だった。

函館市内の高校では29日、卒業式だったが、感染拡大を防ぐため在校生は出席せず、時間も短縮して行われた。

卒業生「小規模でしたが、卒業式にまたみんなで学校に集まれてうれしい」

一方、道内のスーパーやホームセンターでは、トイレットペーパーなどをまとめ買いする人が混雑し、一部の店頭では、売り切れとなる事態が発生している。緊急事態宣言で、外出を控えるよう求められたことが背景にあるとみられる。

札幌市などは「在庫は十分にあり、買いだめなどはせず、冷静な対応を心がけてほしい」と呼びかけている。