日テレNEWS
社会
2020年3月9日 17:30

JAL乗務員感染 マスクや手袋しサービス

JAL乗務員感染 マスクや手袋しサービス
(c)NNN

日本航空の客室乗務員1人が新型コロナウイルスに感染していることが分かった。

感染が確認されたのは、千葉県在住の50代の女性客室乗務員で、現在、入院し治療を受けている。

日本航空によると、この客室乗務員はアメリカのシカゴ空港を現地時間の先月25日に出発し、成田空港に向かった日本航空009便に乗務していた。乗務前に熱っぽさとだるさを感じたということだが、業務に影響がないと判断し乗務していたという。

この便には乗客104人が搭乗していたが、この乗務員がマスクやビニール手袋を着用してサービスをしていたことから、乗客に濃厚接触者として特定された人はいなかった。

しかし、同乗していた12人の客室乗務員は濃厚接触者として特定されたため、11日まで自宅待機となっている。