日テレNEWS
社会
2020年3月14日 11:48

AKB48運営の元社長 22億円申告漏れ

AKB48運営の元社長 22億円申告漏れ
(c)NNN

アイドルグループ「AKB48」などを運営する会社の元社長が、東京国税局からおよそ22億円の申告漏れを指摘されていたことがわかった。

東京国税局から申告漏れを指摘されたのは、「AKB48」などを運営する「AKS」の窪田康志元社長。関係者によると、窪田元社長は、個人で所有していた「乃木坂46」を運営する会社の株式を借入金およそ24億円の返済にあてたが、東京国税局は株式売却による利益で借入金を返済したと判断したという。

申告漏れの総額はおよそ22億円で、過少申告加算税を含む追徴課税は約4億円になるとみられ、窪田元社長は修正申告に応じたとみられる。