日テレNEWS
社会
2020年3月14日 14:09

東京で「桜の開花」発表 観測史上最も早く

東京で「桜の開花」発表 観測史上最も早く
(c)NNN

東京では14日、観測史上最も早い「桜の開花」が発表された。

14日午後2時ごろ、気象庁の職員が東京・千代田区の靖国神社を訪れ、開花の目安となる桜の標本木を観察した。職員は、5輪以上の花が咲いていることを確認し、東京の「桜の開花」を発表した。

東京が全国で一番早く、また、東京では、1953年に観測が始まって以来、最も早い開花だという。

気象庁は、今年は冬から春にかけて、記録的な暖かさが続きつぼみの成長が早まったことが、史上最も早い開花につながったのではないかと説明している。