日テレNEWS
社会
2020年3月29日 15:35

羽田空港 第2ターミナルで国際線運用開始

羽田空港 第2ターミナルで国際線運用開始
(c)NNN

羽田空港の国際線を増強する一環として国内線のみだった第2ターミナルで29日、国際線の運用が始まったが、新型コロナウイルスの流行拡大の影響が出ている。

第2ターミナルに新たに整備された国際線の出発ロビーは滑走路が一望できる上、天井が高く開放感のある空間となっている。

第2ターミナルの国際線は全日空が使用するが、同じターミナルの国内線と乗り継ぎ時間が短縮されるなど利便性が向上するという。

29日は午前中、羽田空港に新規就航となるアメリカのワシントンD.Cに向かう便などが出発したが、乗客が2割程度だったほか、さらにシンガポール行きの便では乗客が4人のみになるなど、新型コロナウイルスの影響で、航空需要の落ち込みが顕著になっている。

国内と海外の航空会社が、羽田空港から23の都市に新規就航を予定していたが、半数が延期されたという。