日テレNEWS
社会
2020年3月30日 15:27

横浜 市立学校4月8日から“時短”再開へ

横浜 市立学校4月8日から“時短”再開へ
(c)NNN

横浜市は30日、新型コロナウイルスの影響で臨時休校が続いていた市立の学校について、時間を短縮などした上で、4月8日から再開させることを決めた。

横浜市は30日、今月24日まで臨時休校となっていた市内の小・中・高等学校などについて、時間を短縮するなどした上で、4月8日から30日まで再開させることを決めた。感染症対策を講じた上で、小・中学校などは4時間目までの短縮授業を行い、給食や弁当を食べた後に下校するとし、高校などは1時間目の授業は行わず、時差通学を実施するという。

横浜市・林文子市長「最大の対策を講じて短い時間の中での授業、そして給食を食べてから帰っていただくという形でですね、やろうと」

5月以降の対応については4月末までに決定し、今後、感染が拡大した場合は、再び臨時休校も検討するという。