日テレNEWS
社会
2020年3月31日 18:18

LINE 国内8300万人の健康状態調査

大手通信アプリ「LINE」は、新型コロナウイルス対策として国内の全てのユーザーおよそ8300万人を対象に健康状態などの調査を行う。

「LINE」は新型コロナウイルスのクラスター対策として31日から順次、ユーザーおよそ8300万人にメッセージを送信し、健康状態などについて来月1日までに回答するよう、協力を求めるという。

調査内容は、まず最初に、現在の体調について「普段通り」「37.5度以上の発熱」など5つの健康状態から選択できるようになっている。その後、健康状態の詳細や年齢や性別、住んでいる地域を回答する。

集めたデータは、個人情報が特定されない形で処理された上で厚生労働省に提供され、感染状況の把握や感染拡大防止のために活用されるという。

また、LINEは、行政と友達登録をすると個人の情報にあわせた情報が提供される仕組みもスタートしたという。