日テレNEWS
社会
2020年4月13日 0:16

道と緊急宣言 札幌へ“往来自粛”など要請

道と緊急宣言 札幌へ“往来自粛”など要請
(c)NNN

北海道で、札幌市を中心に新型コロナウイルスの感染が再び拡大していることを受けて、北海道の鈴木知事と札幌市の秋元市長が会談し、「北海道・札幌市緊急共同宣言」を発表しました。事実上、2度目の独自の緊急事態宣言となります。

鈴木知事「北海道と札幌市は、緊急共同宣言で、双方で取り組みを進めていくことを合意」

小学校の給食調理員やクラスターが発生している病院の薬剤師など札幌市を中心に、12日も、北海道内では12人の新型コロナウイルスの感染が判明しています。道内での2桁の確認はこれで5日連続になります。

この事態を受けて、12日、北海道の鈴木知事と札幌市の秋元市長が対応を協議し、道と札幌市共同で事実上の緊急事態を宣言した形です。道内での独自の緊急事態宣言は2月28日に続いて2度目です。

宣言の中には、札幌への不要不急の往来の自粛、接待を伴う飲食の自粛、今月14日から来月6日まで、札幌市の小中学校や札幌と近隣の高校を対象にした一斉休校などが盛り込まれています。