日テレNEWS
社会
2020年4月15日 19:47

杉並区 基幹病院に“テント設置”患者対応

杉並区 基幹病院に“テント設置”患者対応
(c)NNN

新型コロナウイルスの感染拡大による院内感染を防ぐため、東京・杉並区では、区内の基幹病院の敷地内にテントなどを設置し、発熱の症状がある患者に対応することを決めました。

杉並区が発表した「発熱外来センター」は、区の4つの基幹病院に設置する施設です。新型コロナウイルスの感染の疑いがある患者と、その他の患者を分離するためのもので、院内感染を防ぐ効果が期待されています。

地域の開業医がローテーションで患者の診察にあたるということで、区は、その経験から各医院での診察体制の強化を図っていきたいとしています。