日テレNEWS
社会
2020年4月21日 5:12

私にできること:接触減…オンラインランチ

私にできること:接触減…オンラインランチ
(c)NNN

ウイルス感染予防のために、自宅で過ごしている皆さんが自宅でできる暮らしのヒント、『私にできること』。21日は、人との「接触」を減らすため、お昼時に“ある工夫”をしている企業を取材しました。

    ◇

こちらは、WEBマーケティング会社「バリュークリエーション」でゼネラルマネージャーとして働く乗冨健矢さんの自宅。今月6日から、全社員が在宅勤務になりました。ランチも出前にし、黙々と仕事をすると思いきや…。

「お疲れ様です」「聞こえます?」――パソコンの画面に男性が現れました。さらに、女性が2人。会社の同僚の皆さんです。

あえて、社員同士が会話しながらランチを食べるのです。さらに…社員の子どもも登場し、ランチはよりにぎやかに。飼い犬も登場します。

乗冨健矢さん「ワンちゃんの話とかも、普段見ることできないので、こういうコミュニケーションはオンラインならではの取り組み」

コミュニケーションを大事にしているというこの会社。実は、この“オンラインランチ”。1人1回1000円の補助金が出るのです。もともと福利厚生で、社員同士の飲み会に月5000円など補助金が出ていたため、これを在宅勤務に適用したということです。

1人暮らしの社員「孤独を感じるのがとても多いんですけれど、外とつながっている安心感が得られる」

乗冨健矢さん「すげーいいこと言うじゃん」

1人暮らしの社員「ありがとうございます!」

さらに、「家に椅子がない」などの意見が出たため補助金を出したところ、座椅子やバランスボールを購入した社員もいるそうです。従来の企業の姿が少しずつ変化しています。