日テレNEWS
社会
2020年4月22日 18:22

県庁職員の10万円活用? 知事発言が波紋

県庁職員の10万円活用? 知事発言が波紋
(c)NNN

緊急経済対策として給付される現金10万円。この10万円をめぐり、広島県の湯崎英彦知事の発言が波紋を広げています。その発言というのが…。

湯崎知事「県庁職員についても一律10万円の給付の対象になっていますから、聖域なく検討していきたい」

県職員が受け取る給付金10万円について、「新型コロナウイルス対策の財源に充てることを検討する」と話したのです。突然の発言に広島県の職員は…。

県職員「自分個人が使用するよりも、役立ててもらった方が、お金の使い方で有用かなと」「私もやりたいなと」

好意的な意見がある一方で、厳しい意見も聞かれました。

広島県職員連合労働組合・大瀬戸啓介委員長「職員一丸となって新型コロナの感染防止対策に取り組んでいるところで、そういった行為に水を差す行為だと受け止めています」

10万円を財源に検討するワケは資金不足です。22日から「休業要請」の期間に入り、人通りがまばらとなった広島市の商店街。広島県は、休業要請に協力した事業者に、最大で50万円を支給するとしています。この支援金は約100億円規模になる想定。しかし…。

湯崎知事「休業支援だけでなく、感染拡大防止、それには圧倒的に財源が足りないということであります」

国の臨時交付金を活用しても財源が足りないというのです。こうした中、22日午後、湯崎知事は改めてカメラの前で…。

湯崎知事「給付金を提出する、強制的に提出するのは誤解」「私の言葉の選び方が悪かった」

10万円の活用は決定事項ではなく、誤解を与えたと釈明。ただし、今後、財源を見直す上で、「職員に何らかの協力をお願いする可能性はある」と含みを残しました。

波紋を広げた知事の発言。22日午後、取材に応じた広島県議会の議長は…。

広島県議会・中本隆志議長「知事として、誤解があったというのなら、言葉には気をつけてやっていただきたい」

不快感を示し、支給される10万円は広島県の財源不足と関係ないと話しています。