日テレNEWS
社会
2020年4月29日 10:41

GW初日も…外出自粛で鉄道駅や空港は閑散

GW初日も…外出自粛で鉄道駅や空港は閑散
(c)NNN

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、ゴールデンウイーク初日を迎えました。外出自粛の影響で鉄道の駅や空港は閑散としており、例年とは様変わりしています。

JR東京駅の新幹線ホームでは、旅行カバンを持った人などの姿が見られましたが、例年のような混雑はありません。

兵庫県へ帰省する会社員「家がシェアハウスなので、感染するの嫌なので帰省する」

会社員「(行き先は)名古屋です。(Q.どういう用件で?)仕事です」

各新幹線の今月24日から来月6日までの指定席の予約は、去年のゴールデンウイークと比べて1割以下にまで減っているということです。

一方、羽田空港でも旅行や帰省する家族連れの姿はほとんどなく、知事が訪問しないよう求めた沖縄の那覇行きの飛行機も搭乗率は1割台でした。

仕事で沖縄に向かう会社員「(予定が)決まっていたので。仕事で。あした、また(東京に)戻ってきます。最小限で」

航空各社によりますと、大型連休中の最新の予約者数は前年と比べて国内線で約93%、国際線は約98%それぞれ減少しているということです。