日テレNEWS
社会
2020年5月3日 1:26

休業要請解除など独自基準で 大阪府が方針

休業要請解除など独自基準で 大阪府が方針
(c)NNN

緊急事態宣言の延長方針を受け、大阪府は独自の判断基準を設け、休業要請などを段階的に解除していく方針を決めました。

大阪府は、緊急事態宣言が1か月程度延長される方針を受け、7日以降も休業要請や外出自粛の要請などを継続するとしました。

一方で、経済活動を徐々に回復させるために、府独自の判断基準を設けて、今月15日以降、段階的に要請を解除する方針を決めました。

判断基準は、感染経路のわからない人の割合や、入院患者の病床使用率などを踏まえる方向です。

大阪府・吉村洋文知事「15日の前には、基準も数値目標も作って、その中で(解除を)判断していきたい」

吉村知事は、具体的な判断基準については、5日に示したいとしています。