日テレNEWS
社会
2020年5月6日 12:34

GW最終日 “Uターンラッシュ”見られず

GW最終日 “Uターンラッシュ”見られず
(c)NNN

緊急事態宣言が延長され、6日は、ゴールデンウイークの最終日ですが、JR東京駅や高速道路は、例年のようなUターンラッシュの混雑もなく、閑散としています。

例年、ゴールデンウイーク最終日は、帰省する人などのUターンラッシュで混雑する東京駅ですが、6日は、ホームに降りたつ人の姿は数えるほどしかありませんでした。

新幹線の利用客「仕事帰りですね。出張来てて、愛知帰るんですけど、ゴールデンウイークいつも120%とかいうこと多いから、今回とれないかと思ったんですけど、そういうこともなかったんで」

新幹線の利用客「もう本当にがらがらで貸し切りでした。全然少ないですねここのところ」

JR各社によりますと、東海道新幹線の、上りの自由席の乗車率は、いずれも10パーセント以下になっているほか、東北・山形新幹線などで乗車率がゼロパーセントのところも出ています。

高速道路は、間隔を空けて走るトラックなど、車の流れはありますが、渋滞はみられません。

一方、平日、通勤客の姿がみられる品川駅は、利用客の姿は大幅に減少していて、5日、人の流れは、感染拡大前の休日と比較して、およそ8割減少しています。

また、全国各地の主要な観光地の人の流れは、およそ5割から9割以上減少しているところもあります。