日テレNEWS
社会
2020年5月13日 6:03

東京都 新たに4人の死亡の報告漏れ

東京都 新たに4人の死亡の報告漏れ
(c)NNN

新型コロナウイルスの感染者数の集計ミスがあった東京都は、新たに4人の死亡について報告漏れが見つかったと発表しました。

東京都は11日、これまでの感染者数について、111人の報告漏れと、35人の重複があったと発表しました。

都は、「修正した日」ごとの感染者数を公表し、これまで感染者数が最多だった4月17日の201人は、修正の結果204人となり、187人だった4月10日は、200人に増えました。

また、新たに4人の死亡報告が漏れていたことも明らかになり、都は12日の死亡者数に加算しました。

一方、都は新たに陽性が判明した「確定日」ごとの感染者数の公表を始めました。都が従来公表している保健所から届け出があった「報告日」ごとの感染者数と比べると、「確定日」ベースでは、4月9日の266人が最多となっていて、感染者のピークが1週間以上早くなっています。

都の担当者は、「確定日」のデータについて、「感染者の動向が、より現実にそった形で確認できる」と説明しています。

また、東京都は12日、新たに28人が新型コロナウイルスに感染していたと発表しました。都内の感染者は7日連続で40人を下回り、減少傾向となっています。

NNNのまとめでは、12日に全国で確認された感染者は81人となり、3日続けて100人を切っています。一方、新たに確認された死者は21人にのぼっています。