日テレNEWS
社会
2020年5月16日 18:08

九州で記録的大雨 5月で過去最大の所も…

九州で記録的大雨 5月で過去最大の所も…
(c)NNN

活発な前線の影響で、九州では記録的な大雨になりました。地盤が緩んでいる所があり、引き続き土砂災害に警戒が必要です。

九州では、活発な前線の影響で15日夜から、断続的に非常に激しい雨が降りました。24時間に降った雨の量は、宮崎県えびの市加久藤で308.0ミリ、鹿児島県伊佐市大口で247.5ミリと、いずれも5月として1位の記録的な大雨となりました。

前線は、今後ゆっくりと南下して活動を弱める見込みですが、九州南部ではこのあと数時間、局地的に雷を伴って激しい雨の降るおそれがあります。

これまでの大雨で地盤が緩んでいる所があり、引き続き、土砂災害に警戒が必要です。