日テレNEWS
社会
2020年6月12日 14:56

小学生も 10代少女から妊娠相談が急増

小学生も 10代少女から妊娠相談が急増
(c)NNN

ようやく各地で学校が再開するなか、10代の少女から増えているのが、妊娠の相談です。中には小学生からの相談も。相談されたら大人が意識するべきこととは。

■どんな相談が?保健師にきく
10代少女「妊娠したかもしれません。親にも相談できていません。妊娠してしまったのかと、不安で押しつぶされそうで余計体調が悪くなっている気がします」

これは実際に寄せられた10代の少女の相談。LINEなどで24時間相談を受けつけている団体の保健師はこう語る。

西尾和子保健師「私どものところに10代の子からの相談が今まで3割いるかいないかくらい。それが今7割ぐらいになっている。1番若いと(小学校)4年生。4年生は本当に1人だけ。あとは(小学校)6年生の子から数人ありましたね。

■もしも相談されたら大人はどうすべきなのか
24時間相談窓口「小さないのちのドア」には、1日の新規の相談件数は多いと50件、5月は2019年に比べて5倍ほどあったといいます。

西尾和子保健師「やはり今まで経験したことのないような社会情勢のなかで、やはり不安だったり、本当それこそ不安の中で、人のぬくもりを求めやすくなったりとかもある」

まわりは、どうするべきなのか―

西尾和子保健師「(相談者は)しんどいって思っているそのことを話してくれてありがとうという姿勢であなたの味方だよって立場で話をしてあげてほしい」