日テレNEWS
社会
2020年6月15日 11:54

広範囲で真夏日に 関東甲信で猛烈な暑さも

広範囲で真夏日に 関東甲信で猛烈な暑さも
(c)NNN

15日は、広い範囲で真夏日となり、特に、関東甲信地方を中心に猛烈な暑さになる所もありそうです。一方、九州南部では梅雨前線の活動が活発になっており、大雨に警戒が必要です。

東京都心は、梅雨の晴れ間となっていて、朝から気温がぐんぐん上がっています。15日の予想最高気温は33℃と、今年一番の暑さになる見込みです。

また、前橋や甲府、熊谷、静岡で35℃、宇都宮で34℃など、各地で猛烈な暑さが予想されています。

関東甲信地方では、14日よりも、気温が10℃近く高くなる予想で、急な厳しい暑さとなりますので熱中症に警戒が必要です。

一方、九州南部では梅雨前線が停滞し、鹿児島県内では激しい雨が降っています。このあとも、断続的に活発な雨雲がかかる予想で、16日昼までの雨量は、多い所で150ミリとなっています。

土砂災害や、低い土地の浸水などに警戒が必要です。