日テレNEWS
社会
2020年7月8日 6:44

岐阜県に大雨特別警報 命を守る行動を

岐阜県に大雨特別警報 命を守る行動を
(c)NNN

気象庁は8日朝、「これまでに経験がないような大雨になっている」として、岐阜県に「警戒レベル5」にあたる大雨特別警報を発表しました。ただちに命を守る行動を取ってください。

気象庁は、記録的な大雨によって「これまでに経験がないような大雨になっている」として、岐阜県に大雨特別警報を発表しました。これは、去年から導入された5段階の「大雨警戒レベル」のうち最も危険性が高い「命の危険」があることを示す「レベル5」の情報で、住民に命を守るための最善の行動を強く求めるものです。

安全な場所まで避難する時間がなかったり、すでに外に避難することが危険だと感じた場合には、近くの比較的丈夫な建物や、自宅の2階以上、山の斜面からできるだけ離れた部屋に避難するなど、状況に応じて、命を守る行動をただちに取ってください。

もうすでに家の周りで浸水が始まっている場合は、無理に外に避難せず、自宅の2階や3階、場合によっては屋根の上に避難することも命を守る方法の1つです。

もしまだ自分のいる場所が被害を受けていなくても、土砂災害に警戒が必要なエリアの中にいると、今後、災害に巻き込まれ、命を落とす危険があります。ただちに避難してください。

もし、もう避難できない場合には、できるだけ斜面から離れた場所にいるようにしてください。また、1階より2階のほうが、土砂災害が起きたときに、助かる可能性が高くなります。