日テレNEWS
社会
2020年7月8日 18:28

女性飛び降り…祖父と孫救助 その時、何が

女性飛び降り…祖父と孫救助 その時、何が
(c)NNN

「見つけたときはすごいビックリしたんですけど。そこは助けられてよかったです」――こう話したのは高校生の越川俊さん(17)。越川さんは、祖父の谷本章さん(72)と共に今年5月、東京・台東区のマンションで人命救助をしたとして8日、警視庁から感謝状が贈られました。

当時、どのような状況だったのでしょうか?

越川俊さん「おじいちゃんと帰ってきた時に自分が廊下で待っていたんですよ。マンションのエレベーターから女性が出てきて自分の横を通って、見たらもう手すりに足かけて、いつでも飛び降りられる状態にいて」

女性が11階の非常階段で、今にも飛び降りそうな状態だったといいます。

越川俊さん「自分がその人を後ろから抱えて下ろそうとしたときに、その女性が飛び降りそうだったので力が強くて」

そのため、祖父の谷本さんの力も借りたといいますが…。

祖父・谷本章さん「2人でもかなり力が強くて、下ろした瞬間フラフラ状態で」

2人がかりでようやく女性を下ろし、なんとかなだめたといいます。当時の心境については、こんな本音も。

越川俊さん「すごく怖かったです」「自分が行ってる途中に飛び降りてしまったりとか、自分が後ろから助けるときに自分も持っていかれたらどうしようとか、そういうのが怖かったです」

一瞬の判断による、とっさの行動で女性を助けた越川さんと谷本さん。野球の経験が生きたといいます。

越川俊さん「野球でもいろいろ起こるのでそういうのにも対応してきた結果が、こういう形になったと思ったら、やってきて悔いはないです」