日テレNEWS
社会
2020年7月22日 21:43

千葉で40人感染 印西市の研修所で11人

千葉県では22日、緊急事態宣言解除後最多となる40人の感染が確認されました。このうち11人は印西市の企業研修所で研修中の新入社員だということです。

千葉県などによりますと、22日に県内で確認された新型コロナウイルスの感染者は40人となり、緊急事態宣言が解除されてから最多となりました。

このうち20代の男性11人は、印西市にある「きんでん人材開発センター」で研修を行っていた関西電力のグループ会社「きんでん」の新入社員です。この会社では、技術系の新入社員104人が今月13日に貸し切りバスで兵庫県西宮市から印西市に移動し、泊まり込みで研修を行っていたということです。

千葉県は、新入社員や施設の従業員ら約80人に対し、順次、PCR検査を行う予定です。