日テレNEWS
社会
2020年8月21日 21:43

厚労省“アプリ通知の希望者全員PCRを”

厚労省“アプリ通知の希望者全員PCRを”
(c)NNN

新型コロナウイルスに感染した人と接触した可能性がある場合にスマートフォンに通知される接触確認アプリ「COCOA」について厚生労働省は、通知を受けた場合、希望者全員がPCR検査などを受けられるよう自治体に求めました。

接触確認アプリを巡っては、通知を受けても、症状がない場合などは検査は必要ないと判断されたケースがあったということです。

こうした状況を受け厚労省は、症状の有無や濃厚接触者に該当するかしないかにかかわらず、検査の対象とするよう自治体などに求めました。

通知を受けた人は、希望すれば無料で検査を受けられますが、最終的には、医師などの判断が必要となります。

アプリのダウンロード数は21日現在で、およそ1416万件で陽性者の登録は360件にとどまっています。