日テレNEWS
社会
2020年10月3日 12:39

台風10号で倒れたご神木を伐採 福岡

台風10号で倒れたご神木を伐採 福岡
(c)NNN

先月の台風10号で被害を受けた福岡県糸島市の神社で3日、倒れたご神木の撤去作業が行われています。

福岡県糸島市の雉琴神社では、3日朝、氏子など20人が集まり、作業の安全を祈願しました。

撤去されるのは樹齢300年以上といわれるご神木のケヤキです。先月の台風10号による強風で根元から倒れ、神社の本殿を直撃しました。

撤去作業は北九州市の業者が無償で請け負い、枝を慎重に切り落としたあと幹を撤去します。

氏子会によりますと、本殿などの再建には8000万円以上かかり、インターネットで費用を募るクラウドファンディングを活用するということです。