日テレNEWS
社会
2020年12月11日 1:30

北海道「集中対策期間」来月15日まで延長

北海道「集中対策期間」来月15日まで延長
(c)NNN

北海道は、今月11日までとしていた新型コロナウイルスの集中対策期間を、来年1月15日まで延長することを決めました。旭川市については、条件付きで市民へ不要不急の外出自粛を要請しました。

鈴木知事「感染リスクを回避できない場合、札幌・旭川では不要不急の外出を控えてほしい」

鈴木知事は10日、新型コロナウイルスの集中対策期間を来年1月15日まで延長することを決め、大規模なクラスターが発生し、感染拡大が続く旭川市については、今月25日まで条件付きで市民に不要不急の外出自粛を要請しました。

西川旭川市長「市民の皆さまにおかれまして、今回の集中対策期間において、しっかりと感染拡大を食い止めるという強い意識を持っていただいて、毎日の生活の中で感染防止を意識した行動を心掛けていただきたい」

また、北海道は札幌のすすきの地区の飲食店への時短営業や、札幌市内の接待を伴う飲食店への休業要請を、今月25日まで継続することを決めたほか、来月15日までは5人以上で2時間を超える会食を控えるよう道民に求めています。